SUMIKIN
SYSTEM
BUILDING

住金システム建築が創る未来。

工場、倉庫、店舗、事務所、体育館、賃貸マンション、福祉施設など幅広い用途に対応するシステム建築です。

システム建築の5つの特徴

1

概略設計や見積までわかりやすくスピーディ

カタログやモデルハウス(建物)に代表されるように、お客さまに分かりやすく商品として提示できる営業が行えます。
従って概略設計や見積についても、標準建物であれば即座にお見せすることができます。

2

合理的かつ経済的な設計

長年にわたって蓄積したデータベースを駆使して、標準化した計画・設計手法を用いて、合理的かつ経済的な設計を行います。
そして、この設計「情報」を次の積算・施工図・工作図・製作図に自動展開していきます。

3

低コストで高品質な生産体制

現場加工・製作を極力少なくした部材・部品を工場で集中的に生産することにより、低コストで高品質な生産体制が構築できます。
設計「情報」と連動して、 CAD・CAMをもっとも実現しやすい建築生産手法だといえます。
デリバリーについても現場の状況を的確に把握して、きめ細かな対応が行えます。

4

現場施工の省力化により短工期を実現

標準化した施工方法により、短工期で高品質の建物を施工できます。
システム開発の段階から、現場施工の省力化と省職種化を基本コンセプトにしているので、近年の技能労働者不足の対策にも合致した建築生産様式といえます。

5

効率的な生産体制と情報ネットワーク

言うまでもなく、上記すべてのプロセス技術に徹底的にコンピュータを利用することにより、効率的な生産体制と情報ネットワークを構築しています。
(システム建築協会:「システム建築ハンドブック」より一部抜粋)

住金システム建築が選ばれる理由

1

すべての商品に独自の基礎システムを採用

連続フーチング基礎、QFU(直接基礎タイプ)、QFP(杭基礎タイプ)と複数タイプの基礎システムを独自開発。住金システム建築の全商品に、この基礎システムを提供しています。それにより、通常の基礎工事に必要になる型枠工や鉄筋工の手配が不要になり、コストダウンと工期短縮を実現しています。

2

豊富な商品ラインアップ

平屋、2階建といった需要の多いゾーンだけでなく、中低層(3~6階建)向けの商品も用意しています。また、トレオ、ラフィットには自由設計型も用意し、物件の規模・用途に応じて幅広いニーズにお応えしています。

3

地域密着型で全国対応可能

住金システム建築は、全国の施工会社様、設計事務所様、特約店・商社様などにご加盟いただいている「住金システム建築会」を運営しています。会員である全国の施工会社様や設計事務所様が地域に根付いた密接な対応で、建築主様に信頼をいただいております。

4

営業担当は6割以上が資格保持者

住金システム建築の営業担当者は、一級建築士または施工管理技師の資格を持つものが6割以上在籍しており、専門知識を有した上で、施工会社様や設計事務所様をサポートしています。

5

新日鐵住金グループの総合力

住金システム建築は、旧住友金属工業が母体で、親会社である日鉄住金物産から経営面で全面的なサポートを受けております。鋼材はグループ会社の新日鐵住金より安定供給されるため、部材を入手するまでの期間、品質などの面でも大きなアドバンテージがあります。

株式会社住金システム建築では、 お客様のさまざまなご要望にお応えするべく、商品を開発・商品化を行っております。